「彼氏の元カノが気になる」よね?

自分に自信が持てず、彼の元カノに嫉妬してしまいます

彼が私と出会う前に付き合っていた、彼といちばん仲の深かった女性に嫉妬してしまうことに悩んでいます。嫉妬の原因は、彼の元カノが「私がなりたいけれどなれなかった部分」を持ち合わせている女性で、自信をなくしてしまうからだと思っています。

元彼女は「頭が切れるけれど、そうは見えないくらいノリがいい」女性。のんびりしていて真面目で、冗談を本気にしてしまう自分とはかけ離れた存在です。元カノと完全に同じ女性にはなれなくても、彼女のいい部分を吸収して「なりたい自分」に近づく努力をするべきか、それとも、いま彼が選んだのは自分なのだから、ありのままの自分でいるのがいいのか……。

自分に自信をつけて、嫉妬心を乗り越えられるようになるにはどうすればいいでしょうか?(えむわい/26歳/生保・損保/事務職)

なるほど。彼の元カノが素敵な人だったので、つい自分と比べてしまって嫉妬してしまうんですね。わかる! わかりすぎるくらいわかる! 私、ほんとーーーに昔はよく元カノを気にする人だったんで。あるときには、彼の元カノを気にし過ぎるあまり、彼と喧嘩になり、そのせいで別れたことすらあります!

元カノへの嫉妬。いちばん無駄で、いちばん無意味。なのに、やめられませんよね。

私が一番気にしていた元カノも、私の持っていない部分をいっぱい持っている人でした。たとえば、帰国子女で英語がペラペラだったりね。だから、彼が「英語しゃべれたらいいよね~」って一般論を言うだけで、私の中にはモヤモヤと黒い霧が立ちこめて。それって、元カノのこと思い出して言ってるんだよね? 私と比べてるんだよね?」ってものすごく落ちました。

いちいち、彼が褒める女性の中に元カノの面影を探しては落ち込んでましたね~。思えば、彼が自分を好きだと思ってくれているという自信がまるでなかったんですね。「私とは、単なる成り行きで付き合い出しただけで、本命は永遠に元カノ」。そんなふうに思いこんでた。結局、私自身が、その恋をブチ壊した張本人でしたね。

彼からも言われました。「なんでそこまで話をつくり上げちゃうの? それ、君の妄想でしょ?」って。私は、恋愛に関しては「妄想暴走超特急!」ですんで(爆)。一度燃えあがった妄想に、自分でどんどん油を注ぐ注ぐ。勝手に、彼と元カノの悲しいラブストーリーを頭に描いて、その話に傷ついていました。はい、大バカ者です。

たかが、嫉妬。されど、嫉妬。心の中のモヤモヤを放置していると、私のようにいずれ大火事に発展することもありますよ。今回は、そんな「嫉妬」という感情、彼の元カノというやっかいな存在についてのお話です。

男性は「悲しい過去の恋」を後生大事に抱えている

まず第一に知っておきたいこと。それは、男性の「元カノ幻想」についてです。そもそも男性と女性では、過去の恋愛に対するとらえ方がちがうことはよく言われます。すなわち「男性は過去の恋をフォルダ保存する」、一方で「女性は過去の恋を上書き保存する」ということ。

男性は、いくつもの過去の恋を消さずに、ご丁寧に別個にファイリングし、記憶にとどめて大事にしちゃうんです。そして、ことあるごとに取り出してはしみじみ眺めてみる。お酒を飲んだときには、しんみりと過去の恋に思いを巡らせて、「あの子いい子だったな。それなのに傷つけてごめんよ……。

愛してくれてサンキュー」なんて、涙ぐんだりしちゃう。下手するとその場で電話しちゃったり。古今東西、男の人の恋愛ソングは、過去の恋への悔恨ばっかり! って思いませんか? それに対して女性は、恋といえば、現在の恋。たとえ別れた人でも、今現在も好きだったら、過去ではなくて現在進行形の「好きな人」。しみじみなんかしてる場合じゃありません。

そして、もしも過去の恋を上書きできるような新しい恋に出会えたら、きれいさっぱり過去は水に流す。そのへん現実的なのが、女性。だから理解できないんですね、男性の過去の恋への思い入れが。

私も何度か経験ありますが、男性は、元カノからもらったものとか、元カノの私物とか、あんまり捨てなかったりするので、喧嘩になることがあります。

こっちとしては、元カノとの付き合いの証拠とか見たくないし、そういうのを大事にしてるってことは、今でも好きなんじゃないの!? って相当気分が悪いんだけど、男の人は案外悪気なく、過去の恋をコレクション気分で持っているだけ。というか、思い出として大事に持っていたいだけ、なんですね。

そして、彼らの元カノへの気持ちは、もはや妄想、幻想に近いものがあります。いつの間にか、過去はすべて美化され、「悪かったのは俺」となり(そのへんが男性ならではの「謎ヒロイズム」)、あんなに愛してくれた彼女はもういないんだ(フッ)っていう自嘲になり、特有の過去を美化するモードに入っちゃうんです。

男性は、多かれ少なかれそういう生き物だったのだ、ということに気づくまで、私も相当イライラしました。でも、そのおかしな発想がわかってからは、あまりにどの人もそういう「悲しい過去の恋」を後生大事に抱えているので(笑)、むしろ笑っちゃうようになりました。かわいいじゃん、って。

なので、まず大前提として、こう覚えておくといいと思います。「男の人の、過去の恋、理想の元カノは、そもそも存在しない妄想の産物であり、戦おうとしても戦うことができない相手である」と。それくらいに思っていてちょうどいいと思いますよ。

 「マイナビウーマン」
実はチャンス! 「彼の元カノに嫉妬」するメカニズム&8つの対処法
豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもつ“恋がへたくそな女子代表”恋愛部長さんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。さまざまなトライ&エラーのすえに編み出された、誰でも真似しやすい「恋のメソッド」を指南します!

——————————————————————————-

【CHERRY】チェリーガール・チェリーボーイ専門SNS

「チャンスがない」「自分の問題」童貞や処女を卒業できない理由はいろいろ。

チェリーの気持ちはチェリーにしか分からない。
でも、みんなもともとチェリーだよ。だから助け合いだよ。

チェリーも卒業生もそれぞれの思いを投稿しよう。

簡単・手軽に思いをアップロード。リアルタイムに思いをアップしてフォローし合い、色々なユーザーと繋がろう!

完全無料・登録簡単(非公開対応)
——————————————————————————-

通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。