日本のLGBTの割合は「左利き」とほぼ同じ

電通が発表! 日本のLGBTの割合は「左利き」とほぼ同じ

「LGBTとは何か」の認知は急激に広まった

 

大手広告会社電通内に設けられた電通ダイバーシティ・ラボ(以下、DDL)が1月10日、「LGBT調査2018結果報告」を公表した。この調査はLGBTに関する人々の意識について調べたもので、2012年、2015年に次いで実施された。今回の調査は全国に住む20~59歳の個人6万人からスクリーニングを行い、6229人を対象に行われた。

LGBTというのは、L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーといった性的マイノリティ(少数者)を表現する言葉だ。ここ1~2年で社会的認知が急激に広がったので、ほとんどの人が知っていると思う。ちなみに、2015年の調査では「LGBTを知っていますか」という質問に対して、「知っている」「何となく知っている」と答えた人が37.6%だったのに対して、今回の調査では68.5%と倍近く増えている。

 といっても、「知っている」と自信を持って答えた人は34.4%で、残り34.1%は「何となく知っている」という程度の認識だ。性的マイノリティの中にはLGBTで分類できない人もいる。DDLではセクシャリティを「身体の性」「心の性」「好きになる相手の性」(性的指向)の3つの組み合わせで分類した独自の「セクシュアリティマップ」をつくっている。この中で、異性愛者であり、生まれたときに割り当てられた性と性自認が一致すると答えた人を「ストレート」とし、それ以外の人をLGBT層と定義した。

 Yahoo!ニュース 個人
電通が発表! 日本のLGBTの割合は「左利き」とほぼ同じ(山口一臣) - Yahoo!ニュ...
電通ダイバーシティ・ラボが2015年に続いて2018年に行った「LGBT調査結果」を公表した。それによると、日本のLGBT層の割合は8.9%で、過去の調査と比べて増加傾向にあることがわかった。

 

 

通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。