知り合いの女性から聞いた話です。  飲み会の席で、女友達が自身のセックス体験を赤裸々に話していたそうです。「演技で盛大に喘(あえ)いでたら、彼から『声おっきいね』と言われ『気持ちよかったから(照)』と答えて誤魔化した」と。
 女性読者の皆さんにも演技した経験が一度や二度ありませんか。それは相手の男性に対する気づかいだったり、不感症だと思われないための知恵だったりすることでしょう。
ではそもそも、声の大きな女性と控えめな女性、男性が好きなのはどちらだと思いますか?
質問を変えてもう一つ。
男性が好きなのは、感じても感じなくても正直な反応か、嘘でも大袈裟でもいいからAVみたいなわかりやすい反応か、どちらだと思いますか?
答えは、もちろんですが人それぞれです。だったら考える必要ないよ、となるところですが、人それぞれの好みを聞き出す方法だったり、比較的多くの男性にウケる反応だったりに興味ある女性は多いと思うので、僕なりの見解を伝えます。

ポイントはメリハリ

まず男ウケがいいのは、派手で声が大きいだけの喘ぎ声よりも、はじめは押し殺したような吐息みたいなもので、次第に快感を我慢出来ずについポロリと溢れてしまうものになり、最終的にははじめからは想像もつかないような獣の雄叫び系で乱れまくる感じです。

声の大きさにもトーンにもメリハリがあり、セックス中にしか見せてくれない意外な一面を表す喘ぎ方です。
他には、「はじめチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、ひと握りのわら燃やし、赤子泣いてもふた取るな」に則り、始めは控え目で、温まってきたら一気に燃え上がり、一度落ち着くも二度目の昂まりはものすごい勢いで、何が起きても正気に戻れないような喘ぎ声を好む方も多くいます。
いずれも、一本調子ではなく飽きさせないというところに特徴があります。でもこれって、女性が勝手に調整するものではなく、相手の男性が的確にポイントを押さえ攻めることができた上でのお話です。当然、唾をパッと付けて3こすり半ですぐ終わってしまうようなセックスでは不可能なわけです。
また難しいのは、女性が盛り上がった声を出すと、それにつられて男性も高まってしまい、女性のピークを見届けることなく男が先に果ててしまうことが多々あることです。
女性が「イキそう!」と発したら一気に射精の波がこみ上げてきて、「イク!」を待てずに先に「イッちゃう」なんていうのはAV男優にもよくあることです。
だったら、声を出さない方が長持ちするのかというと一概にそうとはならず、お葬式のようにシーンとしていたり、蚊の鳴くような声でしか喘がないと、ダッチワイフとしているみたいな錯覚を覚え中折れしたり、二度としたくないと思ってしまいます。