【処女】初めてのエッチは大切だよ

はじめてのセックスが素敵な思い出になるように

これさえやっとけば初体験は怖くない

処女が初めてのセックスをする時は「かなり痛い」という話を聞いたことがあると思います。実際にその通りなんですが、この痛みは“たったの2秒くらい”で去っていくんです。

たったの2秒くらいなら我慢できそうな気がしてきませんか? でも、痛みを2秒で終わらすためにはにちょっとした事前準備が必要です。

初めて膣内にペニスを入れる前には、必ず「指でほぐす」という前戯が必要になります。
最初は指1本から徐々に慣らしていき、次は2本という感じで少しづつ膣内をほぐしていきましょう。この時、濡れた状態の膣と指であれば、第二関節くらいまでならあまり痛みを感じることなく入れることができます。自力で濡らすことができない場合は「ローション」といったラブグッズを使うのもオススメ。

こうすることで膣内と処女膜の壁がほぐれていき「入れやすい状態」になっていきます。

ちょっと痛みはあるけど、指がスムーズに入るようになれば膣内はある程度ほぐれてきたサインです。そのタイミングで膣内にペニスをゆっくり入れてもらいましょう。

女性によって処女膜の硬さも違うので、途中でペニスが止まってしまうことがあります。その時にはもう一度指でほぐしてもらうか、途中まで入ったペニスをゆっくり時間をかけて前後運動してもらいましょう。そうすると処女膜がほぐれていき、奥まで入れることができるようになっていきます。

ペニスは指の第二関節以上の長さがあるので根本まで入れると痛みを感じますが、前戯がうまくできていれば痛みはたったの2秒程度で収まっていきます。

きちんと手順を踏んでいれば、初めてのセックスが「気持ちよかった」と感じることもできるので、ガチガチに緊張せずリラックスして初めてのセックスを楽しんでみてください。

相手が童貞だとうまく入らないことが多い

処女と童貞という組み合わせは、初のセックスが失敗に終わることが結構多いって知ってました?

失敗する理由は色々とありますが、主な原因は「性に対する知識不足」です。「とりあえず入れたらいい」なんて思ってるから、小さい穴の状態で無理やりペニスを押し込もうとし、「あれ入らない? 」と予想外の出来事に焦ります。それに女性が痛がった反応を見せると相手の男性は萎縮してしまい、勃起を維持することができません。処女の膣内はかなり締め付けがあるので、萎縮したペニスでは入れることがもっと難しくなっちゃいます。

きちんと段階を踏むことでスムーズに入れることができるのですが、処女と童貞はそういった予備知識がないことが多いので初体験が失敗に終わりやすいんです。

初体験がうまくいかなかったら自分もショックですが、相手の男性も相当ショックを受けていることが多いので、失敗した時には「また次がんばろうね〜」と童貞男性へのフォローもしておくのも大事ですよ。

逆にセックス慣れしている男性(これもちょっと嫌ですが)でも、処女とのセックス経験がない場合にはうまくいかないこともあります。それだけ処女とのセックスは男性にとって難しいものなんです。

事前に体のケアを入念にしておく

初セックスが失敗しないために、事前に体のケア(手入れ)をしておくことも大事です。彼の前でハダカを晒すことになるので、気になるところがあれば事前に手入れをしておきましょう。

それと、気をつけたいのが「匂い」です。セックスではお互いのカラダが密着し合うので、今まで気が付かなった匂いを感じることがあります。特に注意しておきたいのが「アソコの匂い」。彼が「クンニ」をしてくるときに、あなたのアソコから匂いが出ていると、せっかくそこまで盛り上げたエッチな雰囲気が冷めてしまうことがあります。

そうならないためには、セックス前のシャワーで入念にアソコのケアもしておきましょう。ただし、せっけんで洗いすぎないよう気をつけてくださいね。

お互い無理はしない、痛みが伴うなら中断もあり!

はじめてのセックスは痛みが伴うのは仕方のないことです。じっくりと時間をかけた前戯をしても、挿入時に激しい痛みを感じる場合には中断するのもありです。やはりはじめての経験ですから、痛みの恐怖でそこから先へ進むのが難しいこともあります。

セックスを中断することは男性にとって残念なことですが、彼女への思いやりがある人ならば分かってくれるはずです。それにセックスをするチャンスはこれから何度もありますので、この次に頑張ればいいだけです。何度も挑戦していくうちに、徐々に痛みにも慣れていくはずなので、そのうち初体験を無事に終わらすことができますよ。

「はじめてのセックス」は記念になる特別な場所で

はじめてのセックスというのは男性、女性ともに記憶に残りやすいものです。あとで振り返った時に、良い思い出として残るように記念すべき初セックスは「特別な場所」でしてみるのもいいと思いますよ。

例えばですが、彼と一緒に旅行に行き、旅行先のホテルで初セックスをするのもあとで良い思い出として振り返ることができます。旅行中の楽しい思い出も一緒に蘇ってくるので、いつまでも色褪せることなく、あなたの記憶に残るはずです。

自宅や彼の部屋で初セックスをするのもいいですが、記念すべき初セックスは「ラブホテル」を使ってみるのもいいと思いますよ。処女女性は今まで一度もラブホテルを利用したことがないと思うので、初体験と合わせてラブホテルを経験してみるのも思い出になると思います。地元のラブホテルでもいいし、県外の高級ラブホテルへ旅行ついでに行ってみるのもいいかもしれません。

はじめてのセックスというのは、おそらく一生の記憶の中に残るので、絶対に良い思い出になるようにしたほうがいいと思いますよ。

 恋を学んで強くなる|恋学[Koi-Gaku]
処女は初めてのセックスで「入らない」ことが多い? 無事に初体験を終えるコツ | ...
恋学(こいがく)は、「恋を学んで、強くなる!」をコンセプトに、恋愛に悩むすべての女性に理想の恋愛を実現してもらうため、「恋愛」「出会い」「結婚」「美容」「メイク・コスメ」「ライフスタイル」「占い・診断」「SEX」に関するコラム記事のほか、「恋学診断」...
通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。