中学生デート誘い方

まずは、中学生のデートの誘い方についてご説明します。

恋人を誘う場合

既に付き合っている恋人がいる場合は、普段からLINEをしていると思います。

そのLINEでの普段の会話の流れで、自然と「◯曜日~に行かない?」などと誘いましょう。

友達と遊びに行く時と同じ感じで大丈夫です。

付き合っている相手の子は、誘ってもらったら必ず嬉しいので安心して下さい!
変に緊張をする必要はありません!

まだ付き合っていない子を誘う場合

まだ付き合ってない人とデートに行きたい時でもLINEなどで伝えましょう。

ですが、「~にデートに行こう!」などはデートという目的があからさまで、
あなた自身が恥ずかしくなることや、相手も緊張することがあります。

それだとデートには断られやすくなってしまいます。

なので、「◯曜日会わない?」「◯曜日出かけない?」
などとデートということを言わずに伝えると、よりカジュアルでデートっぽさが無くなるのでOKされやすいです。

「デートに行こう!」などとデートと強めに言うよりは、軽めにカジュアルさを出して言うのがポイントです!

直接合って言う場合

LINEで言うのがオススメですが、
携帯が壊れている、携帯を持っていない、相手の連絡先を持っていない場合など、LINEなどで伝えられない時は直接言うしかありませんね。

そんな時はまず、2人きりになりましょう。

周りに友達がいたら、からかわれる事もあるのでご注意を!

そして、「一緒にお出かけしよう」と伝えましょう。

ここでも、「デート」とは言わずに、「お出かけしよう」などと言う方が、相手も受け止めやすいのでOKをされやすいです。

大人でも、デートに誘うときは緊張します。

中学生の場合は更に緊張すると思いますが、勇気を振り絞って頑張って下さい!

中学生のデートでの注意点

続きまして、中学生のデートの際の注意点です。

中学生のデートの際の注意点は主に3点だけです!

お金について

中学生はまだ働く事も出来ないため、あまりお金がない人がほとんどのはずです。

デート中に何か買う場合でも、しっかりと二人でお金を出しましょう!

男の子だけがお金を払う必要はありません。

友達や親

中学生のデートはよく家や中学校の近くでする事がありますね。

この際気をつけた方がよいのは、友達や親と会うことです。

会わないように気をつけるのは難しいですが、待ち合わせ場所や会う場所も少し気をつけるもが良いでしょう。

帰宅時間

中学生ですと門限が決まっている人も多いと思います。

デートの際はなるべく早く帰るようにしましょう。

もしデートで帰りが遅くなってしまうと、自分の親に怒られるだけでなく、相手の子にも迷惑がかかってしまいます。

夜になると、警察に補導されることもあり、そうなるとデート中には親に見つからなくても、結局親に見つかってしまいます。

それこそ、もうデートが出来ない事もあります。

暗くなる前、18時くらいまでには帰るようにしましょう!

 TETSU,Blog
中学生のデートの誘い方と注意点、オススメはダブルデート
中学生のデートの誘い方と注意点、ダブルデートについてまでもご紹介!まだ付き合っていない場合のデートの誘い方もご説明!こちらでご紹介する事を注意しておけば問題ありません!